患者さまの今の状態の脈を知る術です。
すべてはここから始まります。

脈術で得た情報を基に
患者さまの身体の状態を把握し、
症状の原発はどこにあるのか、特定します。

脈術・診術を基に、
患者さまの身体に合った方法で、
改善へ導く術です。

脈術・診術・治術後に欠かせないのが「食養」です。
身体のリハビリは「食養」なのです。
人は皆 、食べ物で生きています。
これがかなり重要になってきます。

すべてが整って、
本来の美しい身体になります。

本院では、「五つの術」をベースに患者さまに対応、施術を致しております。
他の治療院では見られない独自の脈診術「Yumie Pulse」(現代版の「脈診術」診断)で
患者さまの体質改善及びカラダの予防に努めております。

首、肩、腕、腰、膝などの痛みのある方や、冷え性の方など、慢性的疾患の方も根本的な原因を脈で明らかにいたします。
そして、その方一人一人に合った「食」のアドバイスもさせていただきます。
お気軽にご相談ください。

Information MORE
オンライン予約
9:00〜21:00(受付20:30) 大阪市淀川区西中島1-13-6 新大阪オーパスビル1F 地図 地下鉄御堂筋線
西中島南方駅より徒歩約2分
阪急京都線 南方駅より徒歩約3分 地図を見る
脈のイラスト 未来へと続く川『脈』

「月」という漢字は、身体の臓器などに多く使われています。
『脈』という漢字もしかりで、月辺に川の流れを意味する象形文字が合わさってできた文字です。「身体の中を流れる川」が身体を巡り、各々の臓器の体調が『脈』として現れます。
脈を診るということは「先の望みを診る」ことだと言われ、
今の疾患や身体の状態はもちろん、
未来の可能性を診るということなのです。

東洋医学における「脈診」とは

東洋医学である脈診は、約2300年前の中国医学から、
現在でも進化を続け受け継がれているものです。

続きを読む 脈のイラスト
脈のイラスト 食べる術(すべ)は生きる術(すべ)。

「食養」の原則に「身土不二」という言葉があります。
「身(からだ)と土(土地)は二つならず。」
つまり、身体とその人の生まれ育った土地(環境)は一心同体であるということ。
人はその土地の環境に順応していくものです。
寒い土地の作物は身体を温める作用のものが多く、逆に暖かい土地の作物は身体を冷ますものが多いのです。
日本という環境で育った作物は日本人に合っているのです。
また、新鮮なものを口にする事は、その作物自体に強い生命力を持っていますので、その人に強い生命力を与えてくれます。
その人の身体は育った環境や、そこでの作物から養われるのです。

続きを読む