●冷え性という言葉に惑わされないために

今日は「冷え性」という言葉について考えてみたいと思います。

 

 

一般的によく言われる「冷え性」ということば、手先、足先など末端の部分に冷えを感じる人が多いようですね。

 

その冷える感覚が長く続いている状態だと「冷え性」と言われているのだと思います。

 

が、実際は「冷え性」と判断できる明確な「定義」はありません、これは「低体温」とは違いますので、体温が何度以下という数字で表せるものでもないですから。


ほかの人が寒くもない状態でも、寒さを感じる、冷えを感じる


 

みたいな感じでしょうか?

 

基本的に自覚があることが前提として「冷え性」というのは言葉として成り立っています、たとえ足や手がとても冷たくても、本人が何も感じないのであれば、それは「冷え性」ではないのです。

 

ただ、冷えを感じる、もしくは手足が冷たいという場合は、やはりいい状態ではないです、「冷え性は身体に悪い」みたいなイメージが皆さんあると思うのです。

 

もちろんそれはその通りだと私も思います、冷えているということは少なくとも循環はよくないのであろうと、簡単な推測はつけれるかもしれません。

 

 

しかし問題はそのあとです。

 

 

対処法です、皆さんはご自分が冷え性だったとして、どうしますか?

冷えているのだから温めてあげないといけませんよね?

 

お風呂に入ったり、暖かい物を食べたり、飲んだり、適度な運動をしてみたり。

 

ぱっといろいろ思い浮かぶかと思います。

 

適度な運動というのは、その「適度」が難しいので何とも伝えづらいのですが

ウォーキングなどで軽く歩くことを意識したりすることで筋肉を動かし

循環を促進しながら筋肉の使用するエネルギーによって熱を産生し、冷えを防ぐ

これはとても良いと思います。

 

基本的に現在の日本人は全体的に一日の歩数や身体を何かしらで動かしている時間は

だんだん減っている傾向にあります。

 

日本が便利になりすぎていることもありますが、近場でも自転車、車、電車などを使う。

 

もちろん遠い所へは歩いていくなんてことまずありませんよね。

 

なので「歩く」という動作はとても賛成です、ぜひ朝でも夜でも少しだけでいいので歩いてみましょう

女性の方はご自身のセキュリティ対策は入念に・・・

男性ももちろんお気をつけて、今の時代何があるかわかりませんからね・・・

 

 

さて、では次、暖かい食べ物を積極的に摂りましょう!ということですね。

 

これに関してはなかなか難しいです

始めに申し上げておかなければならないことがあります。

 

それは

 


暖かい食べ物、飲み物であったとしても、必ずしも身体を暖めるものというわけではない


 

ということです。 ちょっと意味わからないかもですね

 

ですが、文字通りです。

 

食べ物には「性質」「遺伝的なもの」があります。

 

その根本的な部分によって身体は温まるか冷えるかどちらでもないかということになります。

 

これは温めようが冷やそうが変わるものではありません。

 

胃の中に入れば消化されて暖かいやら冷えるやらは関係なくなってしまいますから。

 

もちろん、暖かい飲み物をのんだら一時的には温かくなる感じはありますが、それは単純に表面的なものです。

 

なのでその食べ物は本当に身体を芯から温めてくれるものなのかということが必要になります

 

これは知識でもあり、経験として知っている人もおられると思います。

 

 

ちなみに私がとても実感しているのは「コーヒー」です

 

実はコーヒー、身体を冷やしてしまうんですよね、ホットだろうがアイスだろうが関係なくです。

 

なので最近、身体が疲労状態のときにコーヒーを飲むと、手先足先がとても冷えます、びっくりです・・・

 

 

じゃあ逆に温めるものは?というと、手短なところで言えば、「ほうじ茶」ですね。

 

 

なので、私はコーヒー主体ではなく、ほうじ茶をメインでとるようにしています。

 

私は冷え性だ!と感じている人は大概の場合、ほうじ茶をお勧めします。

 

しかし一部の方は冷え性であれほうじ茶を勧められない場合もあります、本当に少数なのですが

冷え性でありながら身体の中にはしっかり熱を持っている人、という方がおられます。

 

そういう人は逆にコーヒーをお勧めすることになります、要は身体の熱を取ってくれるものですね。

 

コーヒーがすべてというわけではないことはご承知のとおりです。

 

このように同じ食事でも、ただ温かい物を摂ればよいということではないことをぜひ皆さんに知っていただきたいかなと思います。

 

またまた長文となってしまいましたが、最後まで見て頂いてありがとうございました。

 


ファイブ・アーツ整骨院 鍼灸・あん摩・マッサージ・指圧

〒532-0011

大阪市淀川区西中島1-13-6 新大阪オーパスビル1F

御堂筋線西中島南方駅 2番出口 徒歩1分

阪急南方駅 徒歩1分

TEL:06-6379-3385


当院は予約優先制となっております、事前にご予約されることをお勧めいたします。

BACK to LIST