鍼灸はどのような疾患に効くのでしょうか?

NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療としての効果について有効であると発表しています。
WHO(世界保健機構)では、49疾患を適応疾患としております。このような適応疾患とされているもの以外にも、西洋医学との併用治療を行うことにより症状の緩和をみるものや、また病気ではないが、手足が冷える、疲れがある、だるさがあるなど、健康維持、増進という面でも鍼灸治療は有効です。一度ご相談ください。

WHO(世界保健機構)では、次に掲げる疾患に鍼灸治療が適応であることを認めています。

系統 分類 適 応 疾 患 の 例
神経系 神経痛・神経麻痺・筋肉痛・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症
ノイローゼ・ヒステリー等
運動器系 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頸肩こり・五十肩・腱鞘炎 ・腰痛
外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)・各種スポーツ障害等
循環器系 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系 気管支炎・喘息・風邪および予防等
消化器系 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘) ・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎
胃十二指腸潰瘍・痔疾・ 口内炎等
内分秘代謝系 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等
泌尿器系 腎炎・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・前立腺肥大・陰萎等
婦人科系 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・のぼせ・つわり・血の道・不妊症等
耳鼻咽喉科系 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃炎・声枯れ等
眼科系 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい等
小児科系 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹
耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善等
皮膚科系 蕁麻疹・しもやけ・ヘルペス・おでき等
アレルギー 気管支喘息・アレルギー性鼻炎・眼炎等

鍼は痛くないですか?

基本的に鍼の痛みはほとんどありません。痛みがあった場合は遠慮せず担当者に申しでてください。

お灸は熱くないですか?

お灸は熱いイメージがあると思いますが、耐えられないほどの熱さではありません。また、熱さを感じたら取り除くという方法が主に用いられておりますので、お灸をされる患者様は心地よいと感じられる方が大半です。

お灸で熱傷(やけど)の痕は残らないのでしょうか?

痕が残る場合もありますが、痕が残らないお灸の方法もありますので、担当者にご相談ください。

鍼は清潔ですか?消毒などはきちんとされていますか? 感染の可能性はありませんか?

本治療所では、すべてディスポーザブル(使い捨て)の鍼を使用しています。一回ごとに廃棄しております。また、施術する際の消毒についても徹底して行っておりますので、清潔で、感染の可能性もありません。ご安心ください。

鍼灸の副作用はないのですか?

基本的に副作用というものはありません。体質によっては刺激量により治療後に倦怠感(だるさ)を生じることがありますが、数時間程度でもどります。

施術を受けた後、お風呂に入ってはいけないですか?

施術を受けた直後はさけてください。

病院で治療中や投薬中に鍼灸を受けても大丈夫ですか?

病気によっては、鍼灸治療と併用することで、より効果が望まれるものもあります。東洋医学と西洋医学との統合という考え方も欧米では行われています。治療中の方や薬を服用中の方は担当者にお話しください。その他ご質問などありましたらご相談ください。